ヒカリナはゆく〜古代縄文・レムリア・神話・カタカムナ〜

宇宙の法則。気づき・学び。神・心・真理。

【上弦】芸術と音楽や詩が運ばれる。女神9柱MuseのMusicとMuseum。

新月10/6と上弦の10/13の恒星はヒライカルライジング、ヒライカルセッティングが一緒。パランなどもみながら考えて読み解いてみようと思う。

※参考:ブレイディの恒星占星術より。

 

HR(ヒライカルライジング)、テーマ・主題。

Alkes(アルケス)コップ座。

「大切なものを運ぶカップ

古代のギリシア人はこのカップをアポロの井戸とみていた。アポロは音楽と詩の神であり、医術の神アスクレピオスの父でもある。ギリシャ神話的に言うとだけれど。

 

聖杯の意味のあるカップは、魂の器とかにたとえられるのかもしれないし、私たちこのBODYの身体の器でもあるかもしれない。精神的な支えとなるような、人間性の器というものもあるのかもと思った。

 

入れもののような〇カップなのだろう。

ふと、生命という目に見えないそれは、生命のカップに入ってるのかなぁと思ったりもした。それが「タマ・シイ」なのだろうか。以前ホツマツタヱで魂は「タマ」と「シイ」を結うことで人ができるというようなことが書かれてあったことを思い出した。

生命が終わると結がほどけて還ってゆくそうだ。

 

日本で言う井戸の神様はミヅハノメの女神だろうか。井戸もだけれど滝や水が豊かな場所は龍神様もいる。占星術での水のエレメントは女性性を感じるのできっと女神にちかいのかもしれない。

 

 

HS(ヒライカルセッティング)、プレッシャーや困難を打開するヒント。

Scheat(シェアト) ペガスス座

「知への愛、真実の探求者」

ペガススは天馬ペガサスだ。聖なる馬の象徴で、知性を表す。形で言うと「四角形」。安定感のあるような基礎や土台というような堅い感じだろうか。

 

ギリシャにヘリコンの山というのがあって、そこにはペガサスの蹄でできた泉がある。

今日のタイトルにも入れた「Muse」はミューズの女神9柱。

(ヘリコン山 - Wikipedia)

 

Museを語源にして「Music(音楽)」「Museum(ミュージアム・芸術)」という言葉ができていることも知った。

 

この9柱の中に星とかかわりのある「天文の女神 Urania(ウラニア)」がいたことが嬉しかった。(ムーサ - Wikipedia)

 

芸術や音楽や詩を天体を受け取るということなのかもしれない。HRの音楽の神アポロンと関りがあるのできっと力の湧く歌が流れてくるだろう。

 

不安の中で元気を与えてくれるのは音楽だったりする。歌詞をみながら好きな歌を一緒に口ずさんだり、元気が出る歌詞で言霊がうつって気持ちが上がったりもする。音楽は魅力的で不思議な力があるということはみんなが無意識に知ってる気がした。アポロンは不思議な神様だから今の状況にとてもあってるなって思うんだ。(アポローン - Wikipedia)

 

 

パランはたくさんあるので気になった惑星×恒星の部分を記録しておく。

10/13 12:25(天文台暦計算室より上弦のastro.comブレイディ恒星表を参考。

 

Murzims(ムルジム)おおいぬ座、太陽・金星・海王星とパラン。

何か告知がされるみたい。アナウンサーの星でもあるので、公的な発言や発表。きっと時期的に政治や内閣の発表のような気もするけれど、海王星にあるMurzimsは少し怖い。拡張に繋がる星で災害や経済の損失だったら大変そうだから。

良い発表だったら、HR/HSでの音楽関連だと、金星も音楽や芸術の象徴があるので楽しめる体験が増えるといいなと思う。

 

最近大きめの地震が多いけれど、地震を止められる人なんてきっといない。だから備えるしかない。臆病な猫がいるので一緒に避難する準備もしておかなきゃ。

 

土星×Alphecca(アルフェッカ)かんむり座とパラン。

ブレイディ氏の本によると「◆人々が困難なときを乗り越えるために協力する。」

何度もコロナの減少・増加の波を経験してきているので、安全対策をしつつ幸せに生きる、みんなの協力ありきなんだろうな。

 

最後に気になるのは新月を調べた時にもでていたんだけれど、

アンドロメダ座繫がりの冥王星×Alpheratz(アルフェラッツ)と火星×Mirach(ミラク)。CP(短縮された運行)である。

 

冥王星×Alpheratzでは、ブレイディ氏によると「◆テクノロジーが集団に悲劇をもたらす。」新しいこと、誰も経験がないテクノロジーは恐れが起きるのは当たり前かもしれない。

誰かが言っていたけれど、コンピューターに支配されるのではなく、上手に人のために使えと。デジタル化が進んでAIが優秀になってきている今、人間よりも正確なコンピューターを頼ってしまってるところがある。

 

私の中のイメージでは、コンピューターは数学の神ではあるけれど、愛の神ではないなぁと思うことだ。だからまだ、AI<猫である。

 

宇宙開発もどんどん加速していて一般人の旅行者も宇宙旅行に行く時代がみえてきた。このテクノロジーというのが戦争に使われないことだけを願う。

平和でありますように。

 

ありがとう。