ヒカリナはゆく〜古代縄文・レムリア・神話・カタカムナ〜

宇宙の法則。気づき・学び。神・心・真理。

仮想現実は大神、オオカミ、狼。

6月に入り、今日は曇っている。東北の梅雨入りは遅いから明けない夏がある。

今年の夏はきっと去年と同じで何もない夏かな。けれど私には新たな空間を見つけたので、心はワクワクで前より元気になってる気がする。

 

最近Oculus quest2というVRを買った。前は興味はあったけれど、値段が高すぎることと、まだコンテンツが少なかったためだ。Oculus quest2は3万円台で買える安さになった。

 

そして何より単体で動く手軽さ。パソコン必要ない。もちろん、パソコンに繋ぐこともできる。スマホタブレット・TVなどにミラーリングで家族やカップルでプレイ画面を共有もして、一緒に身体を動かしてるのを見るのも楽しい。運動が楽しくできて健康にもとても良いよ。

個人的には自宅で運動するのが困難だったけれど、毎日筋トレ級の運動ができてて心もポジティブになりつつある。心と身体は陰陽みたいにふたつが一つだって経験してつづく気づいた。

 

ほかに感動したのは、ただの動画がすべて映画館に変わること。Amazon prime Videoの映画やドラマ、アニメをスクリーンのような大きさでみたら突入感が自宅とは思えぬほど感動する。家のベットに入りながらでも、ソファに設置してもいい。自由に空間を自分のものにできる広がる便利さと、wifiによるコードレスで自由に動ける気楽さも気に入った。360°で作られたVR動画はまだ少ないけどこちらも迫力がすごかった。

 

SNSやコミュニケーションもVR空間で広がったら、家にいながらみんなが隣にいて話したり、ハイタッチして笑い合う光景も当たり前になるのかもしれない。

東大でもVR教育を研究してて驚いた。

 

VR空間で個人主催の講座に参加したけれど、ためになりすぎて、感覚的な学びが多い、3D模型などもバーチャル空間では簡単に作れるので、手に取って動かしたりして、立体による理解が特に深まった。

 

外国の方とも触れ合う機会が多くて、私の話す英語が上手くないなーとつくづく思う。話してる事はたくさん聞いてるとわかってくるものだ。言葉によるコミュニケーション不足ってことにも関係するのかもしれないけれど。使わなきゃ使えないもんね。

 

韓国人さんはコミュニケーションが積極的な国民性なのかなぁって思う。同じアジアのお隣で見た目は似てるのに全然雰囲気が違うから。

だから、韓国人さんはすぐに日本語でもコミュニケーションを取ってくる。凄いなぁ。積極性見習いたい。

 

良いところは悪いところ、悪いところは良いところ。だから国と国とも性格が違うけど、それが地球という集合体ならバランスが良いんだよね。

 

自分たちの国を知るには、外の国を知らなきゃ気づけない。悪いところも良いところも気づけない。気づくと新たに選択することができる。

 

最後にカタカムナで、私の気に入った新たな世界を読み解いてみる。

 

仮想現実

カソウ「チカラ 外れる 生まれ出る」

数霊74→11→2「近づける 引き寄る 増える・負・振動」

 

ゲンジツ「強く内側に放出する 内なる示し 集まる」

数霊34→7「空間 調和」

 

74+34=108「指向・思考・芽 (飽和する)離れる」

 

わぁ〜って驚いちゃうと同時に期待しちゃうな。仮想現実ってなんだろうって読み解いてみたら、心の時代を実現する空間かもね。そして、人々が離れて暮らす今だからこそ、数霊が「近づける 空間」だよって教えてくれた気がする。そして、「108」は「オオカミ(大神、狼)」と同数だよ。

 

狼が鳴く時は、どんな時なんだろう?

あなたの声が仲間(地球、宇宙)に届きますように。

 

人の心は誰もわからない。だから人は孤独を感じ悲しんだり、ひとりを楽しんだりできる。

もしも、心を近づけることができたなら、学びの上でも本当に伝えたいことが伝わる空間なのかもしれないな。

 

今死んだらこれ体験できないから、生きるのぞ!

 

VR空間でカタカムナが立体図形になってくるくるまわるの。そこで学べたら最高って夢ができました。

 

ありがとう。