ヒカリナはゆく〜古代縄文・レムリア・神話・カタカムナ〜

宇宙の法則。気づき・学び。神・心・真理。

愛子。Love Child

太陽暦 2月24日=26→8

増える・負・振動 消失する 分かれる 離れる

Increase,Decrease,Wave Extinguish,Become zero Divide Leave"

旧暦 1月13日=14→5

根源から出る 広がり 核・重要なもの 伝わるもの・陰

Flow out of the core Vast Nucleus,Core Convey,Yin"

月暦 7月12日=19→10→1

調和 留まる・止まる 生まれ出る 思考・指向・芽 根源から出る

"Harmony Stay,Standstill Be born Think,Conscious,Eye Flow out of the core"

 

色分けしたけれど、見えにくい色があったらごめんなさい。

日本語の思念と英語の思念がパッとわかる感じで描いてみた。このパッとわかるは私からみた感覚なので、あなたに分かりずらかったら大変申し訳ないけれど、音と言葉と数の世界が織りなす面白さを知って欲しい。

 

きっとはじめはわからないし、おかしいこと言ってると思うかもしれないけれど、これは使ってみるとわかる。何かを食べると、本当の意味でわかるのと同じ。「舌に乗せてとろけていく感覚や、甘党ならば脳の中が至福。幸せ〜って気持ちね。嫌なこと吹っ飛んだ〜」みたいな感じで、分析的な人ならきっと「美味しそうなこのケーキのレシピを知りたい。このケーキはあのケーキより甘めで、砂糖は何gで、小麦粉は少なめ、手順の泡立て工程がキーポイントかも」ていう感じで予想がついて、作れるようになったりするような。そうゆうのと同じで、食べて(使って)みて、本当に自分の身でわかるのだ。

 

カタカムナを知ることはそれと似ている。けど、このわかるというものも、性質があるので合わない人もいると思う。ただ、もしかしたら使い手の卵かもしれないので、気づかないと閉じ込められたままなので「トントン🚪」気づいてもらいたい。

 

 

さて、本題に入ろう。

ちょうど前に書いた、「2月22日」のブログは、旧暦が「1月11日」で、「222」と「111」の数が連続し過ぎていて、他にも何かあるなぁって読み解けない感が残っていた。だいたい私の場合、妙に気になると後からわかるシステムらしいので、分かったことを記録しておく。

 

222+111=333、1と2と3の連続数が内包されている。気になるよね?

「振動する振動する振動する。根源から出る出る出る〜。実体・光光光」ってすごい言ってくるから。何かがあるんだとは思っていた。

 

そうしたら、次の日の2月23日「天皇誕生日」だったことを日が明けて気づくのだった。天災が続いているので、祝う言葉をかけるのもなんだか憚られるし、喜んでいいのかどうしていいのかわからない。祝えない辛い気持ちがお言葉からも伝わってきて。「おめでとうございます」という言葉を言えない辛さを感じている。

 

天皇陛下のお話で、愛子様が今年12月で二十歳の成人におなりになるそう。喜ばしきこととともに、仙台には愛子様と同じ漢字で、「愛子(あやし)」という土地がある。愛子様が生まれた時に、仙台から少し外れにあった場所であったが、有名になり立派な駅に変化したのを覚えている。

 

東日本大震災後、沿岸部ではたくさんの土地が住めなくなってしまった。そのようなことも重なってか、愛子(あやし)は、移住者により、世とは真逆のことが起きているそうだ。子供が増え過ぎて小学校の教室が少ないらしい。プレハブ校舎を増やすほどに。小さな町なのに子供が絶えず増える場所。不思議な場所。けれど、言霊がそうさせてしまうのか、「愛子」だから。

 

アヤシ

感じる・生命 飽和する 示し・現象・死

"Feel,Life Full Visualize,Materilize,Death"

数霊56→11→2

伝わる受容・広がり 引き寄る 増える・負・振動

"Convey,Yin Container Move closer Increse,Decrease,Waves"

 

愛子(あやし)とは、漢字の如く、生命の子供達を表していて、子供たちが飽和して、成長し、成人になり、志を示しヴィジョンを持って、困難を乗り越えたり、誰かを助けたり、自分の思いを現象化して、そして生命を終える死のその時まで、愛の子である場所。

そして、数霊の「56」は「イム」。漢字で書くと、「仏」。

愛子様が生まれた年に、愛子大仏が建設されたそう。とても大きな大きな大仏様だ。

 

20年の時を経て、なぜ「56」「仏」が表されたのかがわかった気がした。

 

愛がそこから転がり出て、転がり入り、仏のように人々を守り照らしますように。


[追記:3/1早朝5時頃。目覚めとともに、愛子(あやし)の読み解きについて、追加の気づきが訪れたので記録。

 

愛(アヤ)「感じる生命 飽和する」そして、子(シ)の数霊23は、「愛(アイ)」と同数。

"生命が飽和するのは、愛だよ"って。

愛=愛だよっていうの。

愛子様は、愛の愛。

お名前の深さをもっと知れた気がして、愛とは何かがわかった気がした。]

 

ありがとう。