ヒカリナはゆく〜古代縄文・レムリア・神話・カタカムナ〜

宇宙の法則。気づき・学び。神・心・真理。

【2月22日 猫の日】ネコは、222を鳴らす。

太陽暦 2月22日=24→6 (ゼロ空間、六)

「増える・負・振動 縁・外側(次々と振動する振動) 消失する 受容・需要」

"In crease,De crease,Waves Outline,Shape (222) Be come zero Container"

旧暦 1月11日=12→3 (ヒフミ123)

「根源から出る 引き寄る 留まる・止まる 実体・光」

"Flow out of the core Move closer Stay,Standstill Substannce,Light"

月暦 7月10日=17→8

「調和 指向・思考・芽 統合 (飽和して)離れる」

"Harmony Think,Consious,Eye Unity (Full)Leave"

 

今日は、にゃんにゃんにゃんの日。当て字で猫の日のようだけど、カタカムナで読むと猫感がもっとわかって面白い。

猫はゴロゴロ音を出す。この猫のゴロゴロ周波数は、骨を強化するらしく、プロスポーツ選手がケガをしたときに骨折を早く治す治療のようなもののヒントになったと聞いたことがある。ゴロゴロセラピーすごい。

 

猫は振動を出している、飼っている人はわかると思うけれど、リラックスしていたり、幸せだなーって感じの時にゴロゴロ音を出してる気がする。

その振動音は「222」だなってわかって、うち猫を撫でたらゴロゴロいってて至福。

 

癒しもくれる猫だけど、骨もついでに強くしてくれていることに感謝!というわけで、猫の日2月22日は「222=次々と振動する振動」「ゴロゴロゴロゴロ」が数に表れてもいたのだった🐈

 

そして、今日を読み解いて、旧暦が1月11日「111」同じく連続数。『カタカムナ数霊の超叡智』にも連続数について書かれているが、1が3つ並び「根源から次々と出る光」を表しているという。「感謝(カンシャ)」が111の数霊を持つので特別だ。新たなスタートのチャンスみたいだ。

 

どうなるかわからないオリンピックだけど、もしもできたならひとつになる平和の気持ちが世界中に共有されて、後の世で「色々大変だったけど、心までもが世界平和になっちゃったね」って、みんなで笑ってる時がくるといいな。理想ばっかりでごめんなさい。けど言いたかった。

 

なんでそんなことを言いたくなったかというと、「222」「111」「710」だったから。

心が共鳴する感動する時のような、光のバイブレーションは、調和して統合するから。「8」の飽和数で、いっぱいいっぱいになって、放たれるから。

 

ありがとう。

(追記:アップした後で、気づいたこと。旧暦の「111」は、「ワンワンワン」の日でもあるかも。猫の日に犬も忘れないで!って事か🐶ごめんごめん🙏大切な家族。)