ヒカリナはゆく〜古代縄文・レムリア・神話・カタカムナ〜

宇宙の法則。気づき・学び。神・心・真理。

星座(サイン)をラテン語英名を読み解く。牡羊・牡牛・双子。

カタカムナで日読みから。

太陽暦 1月19日=20→2 一十九二十二

「根源から出る 生まれ出る 時間をかける 増える・負・振動」

旧暦 12月7日=19→10→1 十二七十九十一

「留まる・止まる 調和 生まれ出る (統合)指向・思考・芽 根源から出る」

月暦 6月5日=11→2 六五十一二

「受容・需要 伝わるもの・陰 引き寄る 増える・負・振動」

 

今日は最近学んでいる、「占星学」のサインをカタカムナで読み解いてみる。

 

12星座(サイン)があるので、3つづつ読み解こうと思う。

まずは、始まりである星座「牡羊座」には、【白羊宮(はくようきゅう)】という黄道12宮名があり、「Aries(アリエス)」ラテン語式英名がある。

 

今回は、ラテン語式英名を読み解こうと思う。

音霊が読み解けるかなぁ。

 

アリエス

「感じる・生命 離れる うつる 一方へ進む」

数霊90→9

「発信放射するもの 発信・放射」

 

牡羊座【白羊宮】であるAries(アリエス)は、はじまりのサイン。それが、感じられた。生命が飽和して離れて、遺伝子がうつって、一方へ進むと、お腹の中から出てくる。もっと遡ると、受精とかも同じパターンで感じられたりもする。

牡羊座のイメージとも合う。直観的な感じや、太陽の発信放射するような。生命力のエネルギーに近いような、物質的には感じないというか。

 

次は、「牡牛座」【金牛宮(きんぎゅうきゅう)】、ラテン語英名は、「Taurus(トーラス)」。

あの宇宙のTorusトーラスと同じ音霊。英語の発音記号も同じだった。

 

トーラス

「統合 少しの間 場 一方へ進む」

数霊69→15→6

「広がりが発信放射する 飽和する 受容・需要」

 

トーラスは「69」という数字の形も、トーラスを意味している。形霊も一緒になっていてわかりやすい。6の受容(受け容れ中に)入る。そして、9は逆に、(〇へ)転がり入る。反転している動き。

「牡牛座」は、身体的なものや、物質的なものとつながって発揮するのが得意なイメージと合った。

 

最後は、「双子座」【双児宮(そうじきゅう)】、ラテン語英名は、「Gemini(ジェミニ)」。あいまい母音だから、ジェムニにも聞こえるけれど、ローマ字読みも考慮して。

 

ジェミニ

「内なる示し 自然にうつる 実体・光 圧力」

数霊55→10→1

「伝わるものを伝える・生命の種 (統合)指向・思考・芽 根源から出る」

 

双子座【双児宮】という名の通り、ふたりの子供がイメージできる星座(サイン)。数霊が「55」というのが、双子っぽくおもえて面白い。同じ卵子、もしくは、同じ子宮の中で育つ双子。数字という形霊でもわかりやすく教えてもらえた気がする。

個人を理解するうえで他者が必要なように。双子座は、鏡のように自分を映し知る、自分を知る内側のもう一人の自分(相手)という感じも。

 

今日も占星学📚の内容と合わせて、カタカムナを読み想像をしたので楽しかった。

本(ホン)「強く引き離すもの」

著者の知恵や経験の調和の言霊が、紙に乗って引き離れて、

95→14→5「転がり入り伝わる、重要な伝わるもの」

私の頭や身体という無知の空間に入ってくる。重要なもの「本(ホン)」。

 

たくさんの気づきと学びを、ありがとう。