ヒカリナはゆく〜古代縄文・レムリア・神話・カタカムナ〜

宇宙の法則。気づき・学び。神・心・真理。

天体が触れ合い、吾らも同じであれ。

f:id:seoritsu-hime:20210107151923j:plain

心理占星学 リズグリーン著


心理占星学で読む、今日の星読み。(まだ始めたて星読み学生の記録)

 

陰陽 女性の宮・陰の宮
昨日とは変わって若干女性性が多め。けれど男性性が少ないってわけでもない。

 

行動モード 活動宮
火星♂が今日不動宮に移動したことで、まだ活動宮寄りだけど、気持ち和らいだ雰囲気。

 

心理タイプ 感覚・地のエレメント
現実的に考える傾向が、昨日よりもっと強まっている感じ。快・不快の五感や体感覚といったものをベースに認知する傾向にある。火星♂も感覚・地のエレメントに仲間入りした。
弱いのは、直観・火のエレメントと感情・水のエレメント。シャドウの投影(プロジェクション)されると、事実がそのように見えがちになるので、主観の思い込みと、バランスをとっていきたいところである。

 

カタカムナ的に言うと、現象は過去なので、今起きている物事に囚われがちになるため、そこに張り付きすぎず、直観(ヴィジョン・未来志向)や感情(感じる情け)も大切にだね。

 

ハウスの分類 キャデント(柔軟宮)
サクシーデント(不動宮)が空っぽになってる。唯一天体ではないが、ドラゴンヘッド🐲のみ。
キャデント(柔軟宮)の精神世界や潜象世界といった場所。カイロンもここにあるので傷は癒されるか、疼くのか。

 

心理占星学で自分を探すと、イタタタタってことや恥ずかしいことが見えてくる。目を閉じていいですかってね。無意識的なことがあらわになるというか。
ただ、少しだけ考え方を吾らに置き換えると、惑星たちと共にあるのかと心強かったりもする。これは私のバースチャート的本質がそう思い合わせるんだと思う。

 

 集まっている天体の度数が気になったのでカタカムナで。チャート上は、左に天体は回って見えるので左側から順番に時計回りに読んでいく。
木星♃ 4° 新しい・陽
土星♄ 2° 増える・負・振動
水星☿ 27° 凝縮
冥王星♇ 24° 消失する
Mc(天頂ミッドヘブン)20° 時間をかける
太陽☉ 17° 統合
金星♀ 28° 遮り・差(神・アベマリア・ナナ)
月☽ 26° 分かれる

 

形霊で気づいたこと。
冥王星♇←マークは「巳」干支でいう、ミの年である。カタカムナでは、干支は生命のシステムを表しているという。「巳」は、これから新しく生まれ出る、お腹の中の胎児の形態と合う。「己(おのれ)」の形は、「巳」の上の部分が開いて、「巳→己」「生→死」へ。生命のカウントダウンが始まる。生まれた瞬間、死へ向かうのが本質である。それが命なんだ。だから命は儚く尊い🌸

冥王星「♇」マークの象徴とつながった。もう一つ冥王星にはマークがあるのだけれど、そのマークはお腹の中の胎児を現してるように見える。お皿のような子宮で支え育てているようなイメージさえする。

冥王星♇は、けっこうヘビーな象徴が言葉にすると現れていて、最初怖かった。けれど、こうやってわかってくると、生命のサイクルや輪廻転生の見えない部分の大切なところだとわかる。

「死と再生」といわれるの所以がわかる。どうしても、普通「死」にベクトルが向きすぎて、「再生」が薄まってしまいがちだけど、「再生」って重要。

ずっと、古いものを使い続けるのも味が出ていいけれど、人・物・事すべて、いつかはボロボロになっちゃう。もので例えれば、リメイクとかリサイクルは一度、バラバラにして新しいものを作り替えてより良くなる。そうすると古(Old)→新(NEW)になる。
それが、冥王星♇であり、「巳(ミ)」であり、「己(おのれ)」へ導くものなんだとわかった。

今日ぐらいから天体ミーテングの集合が密になりはじめている。13日は新月だ。その時、金星♀も月☽も近づき、もっと天体が密に集まるのだ。

この相似の象徴するものとはなんだろう。人々の今は密になれないけれど、ちょうど緊急事態宣言も出され、そのあとのことを天体が象徴してたらいいなとさえ思うのだ。

私たちの生活がまた天体と同じように、人も密に触れ合えるように。できれば、心通じるレベルへと進化していているよう祈る。

 

ありがとう。