ヒカリナはゆく〜古代縄文・レムリア・神話・カタカムナ〜

宇宙の法則。気づき・学び。神・心・真理。

真実が今ここに。

太陽暦 12月26日=38→11→2

「留・止まる 分かれる 届く 引き寄る(今) 増える・負・振動」

旧暦 11月12日=23→5

「引き寄る(今) 留・止まる 示し・現象・死 伝わるもの・陰」

月暦 5月11日=16→7

「伝わるもの・陰 引き寄る(今) 転がり入る・出る 調和」

 

昨日はクリスマス。旧暦だと11月11日だったので、「今、今!」って言っていて、1111の連続数で不思議なクリスマスだなと思った。

 

そして、今日をカタカムナで読み解いていて、気づいたことを記録。

太陽暦の12、26「ルタ」。

旧暦の11、12「クル」。(23、5も読むと、「クルシイ」。今は多分みんな苦しいのだ)

月暦の5、11「イク」。

 

あまり気にしない時もあるのだけれど、今日はなんか気になってしまって、そう言う時は学べることが多いので調べてみた。

 

少し不思議にベクトル向きますが許してください🙏

ルタ」は、サンスクリット語で「真実」を表す言葉。そして、お釈迦様の名前は「ゴータマ・シッタールタ」。

クル」は、シュメール語で「冥界」「」などここじゃない遠くに離れた場所のイメージがする。

イク」は、エジプトの王だった「イク(アク)・エン・アテン王」、土地の広さの単位をイクとも言うらしい。その王の時代の信仰が太陽を神としていたそう。

 

日本語で素直に読めば、「ルタ来る行く」だったので、意味が気になったきっかけだった。

ちょうど、星読みでも、天体観測すると、冥王星木星土星の近くにいたり、お正月明けに、太陽に冥王星が近づいたりするので、何を星は伝えたいんだろうと思ってるところ。

 

「内は外、外は内」それを知れるのは、この身を通してでしかできない。

みんな、それぞれが同じ世界で、同じ時に、違う世界で、違う時を生きてる気がした。

 

ありがとう。