ヒカリナはゆく〜古代縄文・レムリア・神話・カタカムナ〜

宇宙の法則。気づき・学び。神・心・真理。

師走。

カタカムナ思念で今日の日読みから。

太陽暦 12月2日=14→5 「留まり、(増えたり減ったり)振動は、核・重要なもの。それは、伝わるもの・陰」

旧暦 10月18日=28→10→1 「(統合)芽を感じる・生命は、遮る・差。それは、芽が根源から出る」

月暦 4月16日=20→2 「新しい・陽の転がり入る出るは、時間をかける。それは、増える・負・振動」

 

なぜ私は日読みをしているのかわからなかったけれど、なにかと関連があるのだろう。つい数日前から星読みに興味をもち楽しすぎて夢中。

今日は「師走(シワス)」と「星読み(ホシヨミ)」を読み解こう。

シ→示し・現象・死

ワ→調和

ス→一方方向へ進む

=51→6 縮小する・減少する。それは、受容・需要。

 

夢や希望を示したり、今を生きる現象だったり、命とは死があることだったりを表現している「シ」。その調和が一方方向に進んでいく。1年を区切りと考えたならば、終わりでもあり、もうすぐ新年の始まりでもある。

 

師走の数霊51は、縮小する・減少する。今年も終わりに近づきましたってことと合う。

 

今年はたくさん今までとは違うこと考えたり、経験したと思う。

 

次は、星読み(ホシヨミ)。

ホ→引き離す

シ→示し・現象・死

ヨ→新しい・陽

ミ→実体・光

=77→14→5 次々と調和する。それは、核・重要なもの、伝わるもの・陰。

 

引き離す。示しや現象や死を。新しい・陽、光が次々と調和する。

それは、重要なもので伝わるものだよって教えてくれた。

 

今はまだ全てはわからないけれど、このまま進んでいいんだ。

 

わからないから怖かった。わからないから、震えてた。ただただ、わからなくて。

そういう人たくさんいるかな?わかる段階にいくと、振り返るとなんでそんなにおびえてたのって、その時の自分がおかしくて。ただ、今はわからないから震えてしまう時もあるさ。

 

わからないは、「なぜ?」が生み出される。それを旗にして、なぜ?どうして?と進んで行くことはできる。今日も生きて学びを楽しもう!

 

まだ学び始めて数日だけど記録。日本について。

今日の「太陽☉」は「射手座♐」にある。

「7室:パートナーシップ」&「4室:家庭」。

「月☽」は「双子座♊→蟹座♋」移動する。

「2室:財政・金融機関」&「11室:同盟国・地方自治体」。

 

射る矢のごとく求めるものは、パートナーシップ・協力関係のところで、何が一番大事か価値をみつける。

風のように飛ぶ情報が川のように流れる。たどり着くは母のような海。お金は共に同じ志をもつ者のところで始まる。

 

ありがとう。