ありのまま。と、第99代→第100代内閣総理大臣。

夜風が少し肌寒くもあり、風が心地よくもある。秋を感じる。文字を読んで秋を感じるのは、感じた経験があるから。それを思い出し今感じる。身体が無ければ日本の秋を知れず、心がなければ今を感じられ無い。頭で考えようとすればするほどトラップにハマる。

 

「ありのまま」と頭に浮かぶ言霊。

 

「感じる飽和して離れて時間をかけ、次々と受容する」

58→13→4

「伝わるもの離れる。広がりは新しい」

 

移りゆく四季を感じたり、夏に緑の飽和した山々は秋に紅葉を迎えゆく。

変わら無い事がありのままだと思っていたけれど、四季のように時間と共に自然と変わっていくのが「ありのまま」なんだ。

はじまる前は不安でも、変わりゆく季節のように風と風景が心地よく変化していくような、日本らしさの素晴らしい国に「ありのまま」変わりますように。

 

第99代内閣総理大臣が選出されたとニュースでみた。「99」だったんだね。同じ数霊の言葉は「仏(ホトケ)」。それと姫神様で一番気になるのは、「菊理姫」、「九九の理」を秘めているという。個人的には管さんは東北地方出身ということも身近に感じている。次の総裁選はそうすると「第100代」となる。カタカムナ思念では「反転する」という重要な数霊で、同じ言葉には「世界平和」「救世主」などがある。これはー!日本の未来に期待しちゃう。ワクワクして来たよ☺️

 

カタカムナが気付かせてくれる言霊は、心を楽に元気にしてくれる。今の不安が秋風とともに変えてくれたのかな。みえない何かが必ず助けてくれてるね。ありがとう。