鷲は吉かな。カタカムナで日読み

今日もカタカムナ思念で日読み。

旧暦は、7月23日「調和の示す(愛)」数霊30→3「外れる実体・光」

太陽暦は、9月10日「発信・放射が統合(指向)」数霊19→10→1「生まれ出る統合が根源から出る」

月暦は、1月22日「根源から出た外側(縁)」数霊23→5「示し(愛)が伝わるもの」

 

現在のお月様の形は、「下弦(カゲン)」。

カゲン「チカラが内側に強く放出する」数霊38→11→2「届く。引き寄る振動」

 

旧暦が「7→ワ 23→シ」鷲だったので、調べると信仰の象徴とされる鳥だった。

ドイツ・アメリカ・セルビア・メキシコ・ロシア・アポロ11号の国旗や国章、ミッションバッチのシンボルになっていた。(Wikipediaより)

 

日本の神様も調べたら、やはりおりました❗️

天日鷲神(あめのひわしのかみ)」と申す。

古事記のお話の中で有名なのが天岩戸。天照大神がお隠れになって、この世が真っ暗に、さあ大変の出来事。

神々が歌い踊りして天照大神を外に出てくるようにと策を実行してる時、鷲が弦楽器に🪕止まったそう。その後天照大神が天岩戸から出て来て世に光が戻った。なので鷲は良い事が起きる前触れの鳥とされているようだ。それに鷲の羽が矢には使われているそう。

 

何か良い事が起きそうだよ☺️なにが起きるかは時空をもう少しだけ経験した後に。

ありがとう。