台風10号が来てるね。「台風のメ」

今日の日読み(カタカムナ思念)では、

旧暦 7月18日「調和を感じる・生命」数霊25→7「チカラの調和(核)」

太陽暦 9月5日「転がり入り発信放射が伝わるもの」数霊14→5「核が伝わるもの」

月暦 1月17日「根源から出る統合(芽・目)」数霊18→9「感じる転がり入る発信放射」

の日となっていて、現象世界では台風10号「10は統合(芽・目)」が来ている。

カタカムナと出会ってから、観る視野がどんどん広がっている。全ては宇宙に繋がっている。生かされているという感覚がわかるようになってきた。

以前は翻弄されて、何もわからずただ不安だけが大きくなっていってた。カタカムナを読み解くと、囚われた思考から少し違った見方が見えてきたりする。もしくは全く新しい感覚が分かったりする。そうすることで、不安から解き放たれている気がするのだ。まだまだ深く読み解けている訳ではないけれど、私にはとても合っている。

 

「台風(タイフウ)」を読みといてみようと思う。

タイフウ「分かれる伝わる振動が生まれ出る」

数霊52→7「伝わる振動の調和(核)」

 

日読みをしたら、今の台風10号のことも言ってるだろうとうっすら気づいたけれど、「台風」を読み解くと、「振動や調和や核」という台風の雨風や目を表すイメージが出ている。災害の時には人々が協力し合わなければ生き残れない。それが調和の力なんだろうな。

 

他に経済でも統合や調和の動きが出そうだなと感じる。困ったときは協力しあえる関係と手をとって生き残る。消滅ではなく分離でもなく、調和だ。協力できる関係は必ず見つかるはず。日本の素晴らしい会社がたくさん調和して、今後発展していく核を作り上げるときなのかもしれない。

 

たくさんの命が無事でありますように。

ありがとう。