カタカムナウタヒ80首~第37首~

※カタカムナ言霊伝道師吉野信子さんの思念表と法則を使い読み解いています。


カタカムナウタヒ80首

 

第37首…+中心図象(八咫鏡

 

カムナガラ(神そのものとして)

【チカラが広がる核は内なるチカラの場】数霊58【伝わるものが離れる】

<式一桁化:7+4+5+(74→11→)2+4=22>

【調和の新しく伝わる振動は新しいトキ】数霊22【縁・外側】

次元数4【新しい・トキ・陽】

 

アメノクヒサモチ天之久比奢母智神あめのくひざもち) 

【感じる生命の指向は時間をかけて、引き寄って根源から出て遮り漂う凝縮】数霊148【核が離れる】

<9+1+2+2+1+(10→)1+6+9=31>

【発信放射して根源から出て次々と増え振動して、次々と根源から出る(指向を)受容して発信放射する】数霊31【場】

次元数4【新しい・トキ・陽】

 

カタカムナ

【チカラが分かれチカラが広がる核】数霊103【指向(思考)の実体】

<7+8+7+4+5=31>

【調和の核は離れる、調和の陽は伝わる】数霊31【場】

次元数4【新しい・トキ・陽】

 

クニノクヒサモチ国之久比奢母智神くにのくひざもち

【引き寄る圧力は時間をかける。引き寄って根源から出て遮って漂い凝縮する】数霊163【根源から出る広がる実体】

<2+5+2+2+1+(10→)1+6+9=28>

【振動は伝わるモノが次々と増えて、次々と根源から出て受容して発信放射する】数霊28【遮り・差】

次元数1【根源から出る・入る】

 

オキミツゴ隠伎之三子島おきのみつごのしま

【奥深くエネルギーの光が集まって転がり出る】数霊100【反転する】

<4+(11→)2+3+8+(83→11→)2=19>

【新しく(引き寄る)振動の光は離れて(出す送る引き寄る)振動】数霊19【生まれ出る】

次元数1【根源から出る・入る】

 

サキ(先・前・岬・幸い)

【遮るエネルギー】数霊57【伝わる調和】

<(10→)1+(11→)2=3>

【(指向は)根源から出て(引き寄って)振動する】数霊3【実体・光】

次元数3【実体・光】

 

カゼシナツヒコ志那都比古神しなつひこ・風の神)

【チカラを引き受けるモノは、示しの核が集まって根源から出て転がり入る】数霊87【離れて調和する】

<7+(63→)9+5+5+8+1+7=42>

【調和する(広がる実体の)発信放射は次々と伝わるモノが発信放射して根源から出る調和の核】数霊42【引き合う】

 

キノククノチ久久能智神くくのち・木の神)

エネルギーは時間をかける。次々と引き寄って時間をかけて凝縮する】数霊118【根源から出る生命】

<(11→)2+2+2+2+2+9=19>

【(引き寄って)次々と増え次々と振動して発信放射する】数霊19【生まれ出る】

次元数1【根源から出る・入る】

 

イヤミソギ(イヤ:ますます。最も。ミソギ:禊。罪や穢れを清めること)

【陰の飽和する実体が外れて内側に発するエネルギー】数霊24【消失する】

<5+6+3+3+(70→)7=24>

【陰を受容して次々と実体と調和する】数霊24【消失する】

次元数6【受容・需要】

 

ミチ(満ち・道・方法・道理)

【実体・光は凝縮する】数霊30【外れる】

<3+9=12>

【実体・光は発信放射する】数霊12【留まる・止まる】

次元数3【実体・光】

 

オホヤマツミ大山津見神おおやまつみ) 

【奥深く引き離して、飽和して受容して集まる実体】数霊155【根源から出る生命の種】

<4+(11→)2+6+8+3=23>

【新しい振動を受容して離れる実体】数霊23【示し・現象・死】

次元数2【増える・負・振動】

 

カヤヌヒメツチ鹿屋野比売神かやのひめ:別名が野椎神[のづち]萱[カヤ]の屋根) 

【チカラが飽和して貫き、根源から出る芽は集まる凝縮】数霊161【転がり入って根源から出る】

<7+6+(12→)3+1+1+8+9=35>

【調和を受容して実体・光が次々と根源から出て離れ発信放射する】数霊35【放出する】

次元数8【(飽和して)離れる】

 

イヤミソギ(イヤ:ますます。最も。ミソギ:禊。罪や穢れを清めること)

【陰の飽和する実体が外れて内側に発するエネルギー】数霊24【消失する】

<5+6+3+3+(70→)7=24>

【陰を受容して次々と実体と調和する】数霊24【消失する】

次元数6【受容・需要】

-------

数霊合計=1228 留まる遮り



Wikipedia 古語辞典参考〉