カタカムナウタヒ80首〜第36首〜

※カタカムナ言霊伝道師吉野信子さんの思念表と法則を使い読み解いています。

 

カタカムナウタヒ80首

 

第36首…+中心図象(八咫鏡

 

カムナガラ(神そのものとして)

【チカラの広がる核は内なる力の場】数霊58【伝わるモノが離れる】

<式一桁化:7+4+5+(74→11→)2+4=22>

【調和の新しく伝わるモノは(近づけて引き寄り)振動する陽】数霊22【縁・外側】

次元数4【新しい・トキ・陽】

 

 オホワタツ(海神わたつみ)

【奥深く引き離して調和して分かれて集まる実体】数霊167【転がり入る調和の核】

<4+(11→)2+7+8+8+3=32>

【新しい振動の核を次々と飽和して離れる実体】数霊32【圧力】

次元数5【伝わるモノ・陰】

 

カハ

【チカラが引き合う】数霊67【広がりが調和する】

<7+6=13>

【調和して受容する】数霊13【広がり】

次元数4【新しい・トキ・陽】

 

ウミワケ(海・分け・訳)

【生まれ出る光は調和して放出する】数霊64【放電する】

<(10→)1+3+7+8=19>

【(統合して)根源から出る光は調和して離れる】数霊19【生まれ出る】

次元数1【根源から出る・入る】

 

イカ

【伝わるモノのチカラが集まる】数霊74【近づける】

<5+7+8=20>

【伝わるモノの調和は離れる】数霊20【時間をかける】

次元数2【増える・負・振動】

 

アワナギ(沫那藝神あわなぎ

感じる生命の調和の核は内側に発するエネルギー】数霊10【思考・指向・芽】

<9+7+5+(70→)7=28>

【調和の核は伝わる調和】数霊28【遮り・差】

次元数1【根源から出る・入る】

 

アワナミ(沫那美神あわなみ

【感じる生命の調和の核は実体・光】数霊42【引き合う】

<9+7+5+3=24>

【発信放射する調和の伝わるモノが実体・光】数霊24【消失する】

次元数6【受容・需要】

 

カタフト(形・太:立派な、神聖な、壮大な)

【チカラが分かれて増える振動を統合する】数霊70【調和そのもの】

<7+8+2+8=25>

【調和が離れて増え振動して離れる】数霊25【チカラ】

次元数7【調和】

 

ムスヒ(産霊:天地・万物を生成し成長させる霊妙な威力)

【広がり一方へ進み根源から出る】数霊35【放出する】

<4+3+1=8>

【新しい実体・光が根源から出る】数霊8【離れる】

次元数8【離れる】

 

オホトノヂ(意富斗能地神おおとのじ)

【奥深く引き離して統合して時間をかけて外側に収縮する】数霊97【転がり入って調和する】

<4+(11→)2+8+2+(72→)9=25>

【新しく増え振動して離れて振動して発信放射する】数霊25【チカラ】

次元数7【調和】

 

アメノミクマリ(天之水分神あめのみくまり)

【感じる生命の指向は時間をかけて、実体が引き寄って受容して離れる】数霊76【調和する広がり】

<9+1+2+3+2+6+8=31>

【発信放射して根源から出て増える実体の振動を受容して離れる】数霊31【場】

次元数4【新しい・トキ・陽】

 

クニノミクマリ(国水分神くにのみくまり

【引き寄る圧力は時間をかけて、実体が引き寄って受容して離れる】



ツラナギ(頬那藝神つらなぎ

【集まる場の核は内側に発するエネルギー】数霊60【受容するもの】

<8+4+5+(70→)7=24>

【離れて新しく伝わる調和】数霊24【消失する】

次元数6【受容・需要】

 

メグル(回る。くるくる。転生する)

【指向する相手が引き寄って留まる】数霊11【引き寄る】

<1+(88→16→)7+3=11>

【根源から出て(飽和して次々と離れ転がり入り)調和する実体・光】数霊11【引き寄る】

次元数2【増える・負・振動】

 

トヨツラナミ(トヨ:豊かであることをほめたたえる意。頬那美神つらなみ

【統合する陽が、集まる場の核は実体・光】数霊113【引き寄る実体・光】

<8+4+8+4+5+3=32>

【離れる陽、離れて新しく伝わる実体・光】

次元数5【伝わるモノ・陰】

-------

数霊合計=1035 思考・指向・芽が放出する

 

Wikipedia 古語辞典参考〉