ヒカリナはゆく〜古代縄文・レムリア・神話・カタカムナ〜

宇宙の法則。気づき・学び。神・心・真理。

ハートの日に惑星を入れる宮を読む。

太陽暦 1月22日=23→5

「根源から出る 縁・外側 示し・現象・死 伝わるもの・陰」

旧暦 12月10日=22→4

「留まる・止まる (統合)指向・思考・芽 縁・外側 新しい・陽」

月暦 6月8日=14→5

「受容・需要 離れる 核・重要なもの 伝わるもの・陰」

 

1月22日・12月10日・6月8日

ヒヘ・ルメ・マリ=59

「59」と同じ数霊を持つ言葉は、「ハート」そして、最近占星学で仲良くしている「惑星(ワクセイ)」である。なにか伝えたいことがあるのかな。

 

人は、意識ができないかぎり無知なまま。気づかないと”ない”と同じ。

知らなければよかったと思う、傷つく出来事も経験する。知らない方がいいよと大人が言ったり教えなかったりもする。本当にそうなのだろうか。

 

言っても教えてもわからないのはわかる。大学生の授業を小学生が受けてもわからないから。

伝えるのって面倒で、相手に入り込めたらどういえばいいかもわかるのに、相手を知ることから初めて、その人に合うように伝えなきゃ、伝えたいことも伝わらない。

なんでこうも、この世の中めんどくさいことになったのだろう。

 

けれど、進歩した気がする。インターネットは占星学のハウスで「12ハウス」(1から12あるうちの最後の室)12ハウスの象徴するところがインターネットだというのだ。

 

去年学んだ古事記では、黄泉の国に当たる気がする。黄泉って聞くと怖いかもしれないけど「黄金の泉」だと思うから最高かもしれない。もしくは、「黄泉平坂」のようなイメージなのかな。もっと古代の学びもしたいし、超難解な占星学も学びたい。私の脳ではオーバースペックかもしれないけれど、大好きなパソコンが隣にいるのでなんとかなるだろう。

 

今日は前の続きで、星座(サイン)を読み解いていこうと思う。

蟹座♋は、和名で【巨蟹宮(きょかいきゅう)】という。ラテン語英名は、「Cancer(キャンサー)」だ。ラテン語音霊を読んでいく。

 

キャンサー「エネルギー気 とても自然に飽和する 遮り・差 少しの間」

数霊120→3「留まる・止まるそのもの(根源から出る 時間をかける) 実体・光」

 

蟹座の象徴を考えていた時に似てるなぁと思ったのが、アニメ”進撃の巨人”の「ウォールマリア」みたいってことだった。

 

和名【巨蟹宮(きょかいきゅう)】という名の通り、自らを頑丈な壁(甲羅)を作り、子孫や人々を守る偉大な強さを感じる一方で、閉鎖的にもなりうるという。裏表があるのだ。

そして、ルーラー(支配星)は「月☽」母をイメージさせる。

 

獅子座♌【獅子宮(ししきゅう)】。「Leo(リーオ・リオ)」。

 

リーオ「離れる (少しの間) 奥深く」

数霊48→12→3「(掛かる音を強める) 留まる・止まる 実体・光」

 

数霊が48音の最後のヨハネの音。「ン(掛かる音を強める)」である。いきみ音のような「命を生む」強さの48だ。

獅子は、百獣の王と言われたり、哺乳類のなかの最強のようにいわれたりする(ほんとはゾウが最強らしい)。王者の風格ってかんじなのかもしれない。黄金色のたてがみとか、群れを率いる強さとか。

 

サインは蟹座の後に獅子座がくる。獅子座のルーラー(支配星)は、「太陽☉」なんだ。父のような。”ライオンキング”がイメージに合うな。

 

母のような蟹座と父のような獅子座が、隣り合わせなのも理解できた。

蟹座は幼い子供を象徴したりもするし、獅子座は子供が生まれ出て成長していく勇ましさを表してるんだろうな。

 

そして、「48→12→3」気づいた。「48(ン)」から「123(ヒフミ)△」が出ちゃった。ん~面白い。

 

ライオンが声を出す時「48」「ン」の「123△」が出てる音だとおもった。お腹の奥底の、なかなか人間が普段出せと言われても出せないような音だ。

 

最後は、乙女座♍【処女宮(しょじょきゅう)】「Virgo(バーゴ・ヴァーゴ)」。

Virginという言葉は、このVirgoの語源からきてるのだろうと察した。

 

初めて占星学を学ぶものとして、乙女座とするより、処女座とした方がわかりやすいのにと思ったけれど、西洋と日本の違い。そういったことは隠すのが美徳で、乙女座になった経緯も含めて、読み解けそうな気配。

 

バーゴ「反対方向に引き合う 少しの間 転がり出る入る」

数霊-58→-13→-4→5「伝わるものが離されるもの 広がり新しい・陽の入れもの 伝わるもの・陰」

 

Virgoはヴァーゴと表記をした方が発音がわかりやすい。

カタカムナ言霊の超法則では濁音は逆の渦になるというので、その感覚で少しチャレンジしてみる。間違ってるかもしれない。

 

ヴァーゴ「内側に生まれ出る 自然に感じる 転がり出る入る」

計算式は、「-19(ヴ)+18(ァ)-16(ゴ)=-17」となる。

数霊-17→-8→1「統合されるもの 離される 根源から出る・根源へと入る」

 

「17」という数字は「統合」。統合するときのイメージは、凸凹→

この「17凸」と「ー17凹」を統合すると。 

ちょうど、母ような蟹座♋と父のような獅子座♌へと進み、自己成長の最後の段階、乙女座♍を表してる。その後は社会や他者、グループのような大きな枠組みでの吾らの成長が始まる段階って感じ。

 

「ー58」の「伝わるものが離されるもの」、この最後の段階から始まるもの。人であればその成長の仕組みの型とにている。

 

以上。最初に日読みをしたときに出た、「ハート❤」は陰陽凸凹の合わさる形を変えた形。きっとその部分だったんだね。うまくハートを表現できてたらいいな。

 

ありがとう。

 

星座(サイン)をラテン語英名を読み解く。牡羊・牡牛・双子。

カタカムナで日読みから。

太陽暦 1月19日=20→2 一十九二十二

「根源から出る 生まれ出る 時間をかける 増える・負・振動」

旧暦 12月7日=19→10→1 十二七十九十一

「留まる・止まる 調和 生まれ出る (統合)指向・思考・芽 根源から出る」

月暦 6月5日=11→2 六五十一二

「受容・需要 伝わるもの・陰 引き寄る 増える・負・振動」

 

今日は最近学んでいる、「占星学」のサインをカタカムナで読み解いてみる。

 

12星座(サイン)があるので、3つづつ読み解こうと思う。

まずは、始まりである星座「牡羊座」には、【白羊宮(はくようきゅう)】という黄道12宮名があり、「Aries(アリエス)」ラテン語式英名がある。

 

今回は、ラテン語式英名を読み解こうと思う。

音霊が読み解けるかなぁ。

 

アリエス

「感じる・生命 離れる うつる 一方へ進む」

数霊90→9

「発信放射するもの 発信・放射」

 

牡羊座【白羊宮】であるAries(アリエス)は、はじまりのサイン。それが、感じられた。生命が飽和して離れて、遺伝子がうつって、一方へ進むと、お腹の中から出てくる。もっと遡ると、受精とかも同じパターンで感じられたりもする。

牡羊座のイメージとも合う。直観的な感じや、太陽の発信放射するような。生命力のエネルギーに近いような、物質的には感じないというか。

 

次は、「牡牛座」【金牛宮(きんぎゅうきゅう)】、ラテン語英名は、「Taurus(トーラス)」。

あの宇宙のTorusトーラスと同じ音霊。英語の発音記号も同じだった。

 

トーラス

「統合 少しの間 場 一方へ進む」

数霊69→15→6

「広がりが発信放射する 飽和する 受容・需要」

 

トーラスは「69」という数字の形も、トーラスを意味している。形霊も一緒になっていてわかりやすい。6の受容(受け容れ中に)入る。そして、9は逆に、(〇へ)転がり入る。反転している動き。

「牡牛座」は、身体的なものや、物質的なものとつながって発揮するのが得意なイメージと合った。

 

最後は、「双子座」【双児宮(そうじきゅう)】、ラテン語英名は、「Gemini(ジェミニ)」。あいまい母音だから、ジェムニにも聞こえるけれど、ローマ字読みも考慮して。

 

ジェミニ

「内なる示し 自然にうつる 実体・光 圧力」

数霊55→10→1

「伝わるものを伝える・生命の種 (統合)指向・思考・芽 根源から出る」

 

双子座【双児宮】という名の通り、ふたりの子供がイメージできる星座(サイン)。数霊が「55」というのが、双子っぽくおもえて面白い。同じ卵子、もしくは、同じ子宮の中で育つ双子。数字という形霊でもわかりやすく教えてもらえた気がする。

個人を理解するうえで他者が必要なように。双子座は、鏡のように自分を映し知る、自分を知る内側のもう一人の自分(相手)という感じも。

 

今日も占星学📚の内容と合わせて、カタカムナを読み想像をしたので楽しかった。

本(ホン)「強く引き離すもの」

著者の知恵や経験の調和の言霊が、紙に乗って引き離れて、

95→14→5「転がり入り伝わる、重要な伝わるもの」

私の頭や身体という無知の空間に入ってくる。重要なもの「本(ホン)」。

 

たくさんの気づきと学びを、ありがとう。

 

暗さめぐるところの先には明るさが。

太陽暦 1月17日=18→9

「根源から出る 統合 感じる生命 (転がり入る出る)発信放射」

旧暦 12月5日=17→8

「留まる・止まる 伝わるもの・陰 統合 離れる」

月暦 6月3日=9

「受容・需要 実体・光 発信放射」

 

1月17日・12月5日・6月3日

ヒト・ルイ・マミ=44

 

「44」は「集まる」。または、「次々と新しい・陽」とカタカムナで読み解ける。

同じ数霊の中に、「ヂシン」がある。けれど、普段文字を打つ時、「ジシン」と打つことが多いので、今はあまり使われない方の「ヂ」の音なんだと思う。

 

なぜ、地震がでたかとすぐに教えられた。

今日は26年前、阪神淡路大震災が起きた日だった。その後起きた、東日本大震災では一番先に助けに来てくれたのは、遥々西からやってきた救世主達(私にはそう映った)だった。光の無い場所を照らすように電気やライフラインの復旧に来てくれた。感謝と追悼申し上げます。

 

「26」「分かれる」「タ」の音。16日にはインドネシア(123ヒフミ)で地震が起きている。

 

ヂ→ジ。

外側に収縮する→内なる示し。

 

願いや祈りが出る時は

この世が暗いところぞと

この世は明るきところぞと

なんと言の葉出すべきか

 

ありがとう。

 

 

羽が生えたら高く飛べるかな。

カタカムナで日読みから。

太陽暦 1月15日=16→7 一十五十六七

「根源から出る 飽和する 転がり入る・出る 調和」

旧暦 12月3日=15→6 十二三十五六

「留まる・止まる 実体・光 飽和する 受容・需要」

月暦 6月1日=7 六一七

「受容・需要 根源から出る 調和」

 

占星学に興味を持ちはじめてから、はや一か月半ほどたつ。

実をいうと、朝の星占いランキングというものが恐怖を覚えるほど嫌いだった。

これから一日をスタートする朝に、ランキングが発表される。それも毎日。そして、上位なら良い日。下位なら悪い日、もうそんな日は学校や仕事に行きたくない。そして、星占いランキングが始まるとチャンネルを変える…というなんとも。

これは、今思うと私の考え方や性質の癖のようなものもあったのだとおもう。星座ランキングにそこまで心理的にダメージを感じる人とそうでない人がいるように。

 

というわけで、星占いの印象は私の世界で使うことは「ありえない」だったのだ。

ところが、11月の末だったとおもう。私の知っていた星占いとは、太陽が示しただけの星座しか教えていなかったという事実を知ってしまった。

 

本物の占星学とは、10の天体(太陽・月・水星・金星・火星・木星土星天王星海王星冥王星)をすべて読むというのだ。

 

この真実を知った時、「ごめんなさい」っておもった。無知だったゆえに、星占いのランキングを嫌いになったりして。きっと、星占いを担当していた人も、ラッキーアイテムを伝えることで、安心していい一日を過ごしてほしいって思ってたかもしれないのにね。

 

f:id:seoritsu-hime:20210115190117j:plain

完全マスター 西洋占星術 The series of perfect master 松村潔著

そして新たに学びを深めるために、先日の新月に届いた本📚

完全マスター 西洋占星術(The series of perfect master)松村 潔著

 

心理学にもともと興味があったこともあり、以前ブログにも書いた

占星学 リズ・グリーン著 訳 岡本翔子・鏡リュウジ』は本当に面白い。

まだまだ理解不足のところがあるので深めたいために今回新しい本で学ぶことに決めたのだ。

 

一番最初に導入した本は、電子書籍だった。訳を担当していらっしゃる、岡本翔子氏の『完全版 心理占星学入門』。星占い拒否反応のあった私に、今日まで毎日星読みを優しく教えてくれる友達のような母のようなそんな本だ。

 

次は鏡リュウジさんの本を読むだろうとおもう。なぜならば、

 

カタカムナで勝手に人の名前を読むのはどうかと思うのだけれど、読んでしまいました。失礼だったらごめんなさい。けれど、とても興奮するほど良いので書いちゃいます。

 

高天の原(タカマノハラ)と同じ150の数霊を持つ、松村潔氏。

どのサイトを見ても、松村氏の本をおすすめしていた。きっとだれもが認める天を知ってる人なんだと思った。

 

そして、天照大神(アマテラスオオカミ)と同じ193の数霊を持つ、鏡リュウジ氏。本名が服部彰浩(ハットリアキヒロ)という呼び方で合ってたら同じ数霊。驚きだった。違ってても、鏡「3」リュウジ「41」、「実体・光 奥に出現する」ミロク魔法陣の中心「ヲ41」を持つ力強いペンネーム。合計数霊は44で「集まる」。

 

羽をもつ羊の、岡本翔子氏。夜空を見上げると、羊が空を飛んで天にいるかのように、今は南方に「牡羊座」が輝いている。数霊は177。「統合する 調和」。

「77」は「金」と同数なので、「根源から出る 金」とも読めてくる。

 

星を読み続けてる達人たちは、天と光とキラキラしてる感じがする。

 

ありがとう。

 

ニギハヤヒ(饒速日命)とムーンの新月に。

カタカムナで日読みから。

太陽暦 1月13日=14→5 一十三十四五

「根源から出る 広がり 核・重要なもの 伝わるもの・陰」

旧暦 12月1日=13→4 十二一十三四

「留まる・止まる 根源から出る 広がり 新しい・陽」

月暦 5月29日=34→7 五二十九三十四七

「伝わるもの・陰 エネルギー・気 空間・抜ける 調和」

 

1月13日・12月1日・5月29日

ヒム・ルヒ・イキ=61 六十一

 

「61」の数霊と同じ言霊がある。それは、「ニギハヤヒ饒速日命)」である。

そして、もう一つ同じ言霊がある。それは、「ムーン(月)」である。

日本語はもともと、ひらがなやカタカナである音が主流の文字をつかっていた。音一つ一つに意味があった。それを中国から伝わった漢字へと当てて使い始めた。

漢字を取り入れたあとも、今は英語などの西洋の言葉も当てて使うようになった。

「和の国」とは、他国の言葉も調和させ使う民なんだなと感じる。

 

話を戻して、ニギハヤヒ饒速日命)は、日本書紀古事記に出てくる。実は、初めての天皇となられた「神武天皇」と交わるストーリーだ。

 

2人はどちらも天照大神の子孫であった。そして、私の好きなつながりはコノハナサクヤ姫(木花咲耶姫命)だ。2人のおおばば様のような方だから。

 

ニギハヤヒ饒速日命)は、今だと少しだけ宇宙から来た人にも思えちゃう。なぜなら、天磐船(あめのいわふね)に乗って天から降りてきたから。宇宙飛行士の逆バージョンかな。

そして、「ムーン」の数霊は61と同じ。ムーンといってわからない今の日本人は少ない。なぜ「ツキ(月)<数霊73>」ではなく、「ムーン」和製英語になったのか。これも物語のごとく、ひらがなカタカナから始まり漢字、和製英語となった時空間の流れとも重なってきてしまう。

 

それも、神話のストーリーのトキを読むとわかるような気がした。

最初は、天照大神月読命神武天皇饒速日命

重なって見えるのだ。気のせいかな。

 

今日は新月だね。太陽に照らされる月は光を地上へとかえし、闇(病み)を照らす光。

太古の人の目には、光の届かぬ新月はどう映っていたのだろう。

きっと、私たちと変わらない。暗くて怖かったかも。今と同じ。

 

けれど、わかって少しだけ怖くなくなったよ。この世に誕生する前の子宮の中の赤ちゃんのように、命はそっと育っているってこと。

 

私たちの内なる闇(病み)へと光が届き、新しいトキへ。

 

ありがとう。

 

ペンギン歩きは滑らない。

いつものようにカタカムナで日読みから、

太陽暦 1月12日=13→4 一十二十三四

「根源から出る 留まる・止まる=広がり 新しい・陽」

旧暦 11月29日=40→4 十一二十九四十四

「引き寄る エネルギー・気=奥深く 新しい・陽」

月暦 5月28日=33→6 五二十八三十三六

「伝わるもの・陰 遮り・差=漂う 受容・需要」

 

今日も占星学を学びつつ気づきを記録しておく。

 

太陽☉も月☽も(♑9室)である。哲学や思想、精神性の知性の意味を探究する場所。
月☽山羊座♑は「障害の座(デトリメント)」のため感情が抑えられがち。

受験生は学問に打ち込むには良いとおもった。私も新しい本で学びを思想を深めようと思う。知性をはぐくむには感情は静かな方がいい。

 

雪も積もっていて、冬らしい冬。受験生縁起担ぎにも伝えておこう。

早朝や夕暮れ、道路を歩くとき、凍ってるかもしれない。そんな時は、「ペンギン歩き」。転ばないように滑らないように歩く雪国の人々🐧🐧。

 

パラレルという新しいマイナーアスペクトを知った。

コンジャクションがWででる。強まるってことなのか、それとも打ち消しあうのか。

ちなみに、太陽☉と冥王星♇。
水星☿と土星♄。
火星♂と天王星♅。
木星♃と土星♄。
コンジャクションで、パラレルもある。

浮かぶ言葉を紡ぎ合わせてみた。

 

再スタート、現実と悲観のはざまで、激しい革命が起き、心が二極に揺れる。

 

ありがとう。

 

心と魂のリミックス。

心理占星学で読む今日の星読み。

 

陰陽 女性の宮・陰の宮

男性宮陽の宮

♈ ♊ ♌ ♎ ♐ ♒

女性宮陰の宮

♉ ♋ ♍ ♏ ♑ ♓

☽・☿・♃・♄

☉・♀・♂・♅・♆・♇

 

行動モード 不動宮

活動宮

不動宮

柔軟宮

☉・♀・♇

☿・♂・♃・♄・♅

☽・♆

 

心理タイプ 感覚・地のエレメント

直観・火のエレメント

感覚・地のエレメント

思考・風のエレメント

感情・水のエレメント

☉・♀・♂・♅・♇

☿・♃・♄

 

ハウスの分類 キャデント

アンギュラーハウス(活動宮)

第1・4・7・10

サクシーデントハウス(不動宮)

第2・5・8・11

キャデントハウス(柔軟宮)

第3・6・9・12

☿・♃・♄・♇

☽・♆

☉・♀・♂・♅

 

 昨日から、天王星♅が12ハウスへ変わった。

天王星♅は牡牛座♉にあり、この牡牛座は今日の↑の表、陰陽 女性宮・陰の宮、行動モード 不動宮、心理タイプ 感覚・地のエレメント、ハウスの分類 キャデントにも共通してることに気づいた。

 

天王星♅の象徴するものとは、覚醒を促す星。現実だと思っていたことを覆されたり痛みを伴うような、ハプニングによって現わされたりするという。

12ハウスは、魂や潜在意識のような、意識できない部分を表す。病院や収容所、密室を表す場所ともいわれているそう。心のバランスを取り戻す場所である。

 

これを踏まえて、そのものの現実を見せられている今、なにをしたらいいのだろう。

今までやってきた経験は消えない。今まで当たり前だったパターンとは違ったこと。新しい物事を取り入れて、音楽で言えばリミックスのような感じだろうか。新たな挑戦をせよ、と人類は促されているのかもしれない。

 

 ありがとう。