ヨハネ48音とアメリカ本土。50音とハワイは吾。

今日のカタカムナ思念で読み解く日読みは、

太陽暦 10月20日 数霊30→3「指向・芽(統合)時間をかけて、外れる。それは実体・光」

旧暦 9月4日 数霊13→4「発信放射が新しい広がり。それは新しい・陽」

月暦 3月3日 数霊6「次々と光を受容する」

 

暦の数字と、合計数(数霊)を1行にまとめてみたよ。この方が最近しっくりきているのでこの形でわかってもらえたら、興味を持ってもらえたら嬉しい。

 

またいつもの気になった言霊・数霊の読み解きを置いておく。

アメリカ州は全部で50州。アメリカ本土をLower48と言って、48州ある。あと2つは、アラスカ(49州)・ハワイ(50州)と言う事だ。

アメリカはキリスト教の割合が多い国だ。去年、吉野カタカムナ伝道師が出した本「カタカムナの時代が到来しました 真心だけが現象化する世界!」には、聖書の読み解きが載っている。

日本語の48音は「ヨハネ」だという。アメリカ本土の州の数は「48」。そして、日本語には無音・無文字である49音と50音がある。「50」はカタカムナ思念で「統合(合体)」=吾。が頭に浮かぶのだ。それが、あってるなと思うのだった。

 

なぜこれに気づいたかというと、アラスカ州のニュースが載っていたから。たまたま観ても気にならない記事もあれば、読み解かなきゃと思う言葉もある。最近つくづく思うのが「読み解きをさせられている」という感覚だ。私に気づきなさいと教えてくれてるよう。きっと、直観とかインスピレーションとか高次の声とか、科学で説明が難しい類の感覚はこれに近いものなのだろうか…。

カタカムナの読み解きが、人のためになるならなお良し。自身のためには大いに役立っているので感謝している。

 

日本人はハワイが好きだ。「50州目」がハワイ島なのも何かありそうだよね。3年ぐらい前に教えてもらった本「ホ・オポノポノ」という不思議な本もやっていたなぁって思い出してしまった☺️

「ありがとう」感謝の言霊の素晴らしさは、カタカムナの読み解きで凄さがとてもよくわかってる。感謝を言うたび、感謝を言われるたび、私は本当に幸せで神様みたいな人たちと生きてるなって思える。

 

最後に「49州、アラスカ」と「50州、ハワイ」の読み解きをしておこう💡

 

ア→感じる・生命

ラ→場

ス→一方へ進む

カ→チカラ(重力)

=95→転がり入って伝わるもの

=14→核・重要なもの

=5→伝わるもの・陰

「感じる生命の場、一方方向へ進むチカラが転がり入って伝わるもの。それは、重要な伝わるもの」49はメビウスの反転のイメージ。そんな場所なのかもしれないな。全米第一位の面積らしい。そしてオーロラも観れるとか✨

 

ハ→引き合う

ワ→調和

イ→伝わるモノ・陰

=54→発動するもの

=9→発信・放射

「引き合う調和の伝わるものが発動するもの。それは、発信放射」。「54」の同数霊は、「太陽(タイヨウ)、淡島(アワシマ)、磐座(イワクラ)、茅の輪(チノワ)」などがある。太陽は一番わかりやすかった。ハワイは🏝太陽が降り注ぐ海のイメージが強いから。 

 

なんとなく感じてたけど、日本とハワイの繋がりは何かありそうだね。

ありがとう。

 

iPhone 12を読み解いてみると、🥚が出る。

今日カタカムナ思念の日読みは、

10月14日「統合の芽が核・重要なもの」数霊24→6「消失する(0)。それは受容・需要する」

旧暦 8月28日「離れる遮り・差」数霊36→9「引き受ける。それは発信放射する」

月暦 2月26日「増える振動が分かれる」数霊28→10→1「遮り・差。それは統合の芽が出る」

 

読み解きをしていて、ブログに何か書くことは思いつくだろうかと考えていた矢先に、iPhone12の発表をしている。日読みをすると発表と合っているように読めてくる。

 

iPhone 12の「12」の思念は「留まる・止まる」で、時間で言うと12時のお昼の時間のようなイメージがあるという。一瞬止まるのだ。休憩時間でもあるので理解できる。

 

この留まる・止まる「12」は「0ゼロ」と似ていて、ここから反転するイメージがある。

 

日読みの「24」の数霊も「0ゼロ」だけれど、新たなものが生まれる卵みたいな🥚イメージを持っている。ちょっと12と24では「0ゼロ」の感覚が違う気がする。まだ詳しくはお勉強中…。

 

それに、旧暦の数霊が36→9=369ミロクが出ました。弥勒菩薩は未来仏とWikiに書いてある。そのイメージともとても合う。369とは360度の球体を表していて、やはり、ゼロと似ていて新たな卵🥚が出る感じがする。

 

月暦は、「神カミ」の同数霊である「28」。遮られた🥚から、「10→1」統合の芽が出るから、新たなものが出る感じが出ている。

 

私のiPhoneも古くなってきた。たまたま日読みと発表が重なって、読み解きも新たなものや未来を感じてしまうので、欲しくなってしまうのであった。

 

ありがとう。

 

↓↓↓日読みで使ってるカタカムナ思念の教科書❤️

 

 

台風と👁10。

今日は、10月10日「次々と(統合)芽🌱👁」数霊→2「時間をかける。振動」

旧暦 8月24日「離れて消失する」数霊32→5「圧力。伝わるもの・陰」

月暦 2月22日「振動する外側」数霊24→6「消失する。受容・需要」

※月暦21→22訂正。10/11。

 

台風が来てる時、10や17統合や芽が出やすいような…気のせいかなぁ。台風の統合や力の塊がカタカムナで読み解ける気がする。

 

旧暦は、台風は通り過ぎるか、消えてなくなるものだからその通りだとも言える。

 

※月暦訂正の為読み解き下記へ書き直し(月暦は、振動して一方に進むと大きく広がるイメージがある。その後陰へ。陰とは融合したり収縮するイメージがある。)台風がUターンしたと言うニュースをみて思うのは、陽の渦から陰の渦へ変わる感じなのかもしれない。

※振動する外側へ消失する。こちらの方がはっきりとUターンがわかった。

 

世界も平和の融合の渦に変わるといいな。

ありがとう。

 

恐怖と恐いは、太陽と神。

今日もカタカムナ思念で日読みから、

太陽暦10月5日「(統合)芽🌱👁伝わるもの」数霊15→6「飽和する。受容」

旧暦8月19日「離れる生まれ出る」数霊27→9「凝縮する。発信放射」

月暦2月17日「振動して統合する」数霊19→10→1「生まれ出る。(統合)芽🌱👁が出る」

の日。

 

今日発見したことは「恐怖と恐い」について読み解いたこと。これが「太陽と神」と数霊が同じという事。それは、本質が同じという事。

 

恐怖キョウフ 数霊54=太陽(タイヨウ)同数霊

「エネルギーの生まれ出る振動は発動するもの」

 

恐い(コワイ) 数霊28=神(カミ)同数霊

「転がり入る(出る)調和の伝わるものを遮る」

 

太陽って明るく照らしてくれてるから恐怖というイメージは少なかった。それは私の固定観念がそう思わせていた。日照りが続いたら作物も育たなくなって、生命の維持に欠かせない水不足になる。まさに恐怖…。

 

恐いも神と同じなのは、恐怖が太陽なように、神は恐いなのだ。太陽神などの神話から考えても納得の感覚である。

 

けれど私の中の太陽や神は恐怖や恐いではない。

 

今の現実を体験して感じることは、恐怖や恐い感覚は、太陽や神と同じもの。今の地球全体が🌏コロナでそれと近い状態にあるのかもしれない。

 

そう考えると、吾らは太陽や神と近い状態にあるのかなって思える。恐怖は恐怖でなくなり、恐いも恐いで無くなる。

 

カタカムナって不思議。言葉そのものの固定観念まで修正されるのだから。

 

ありがとう。

 

内は外。

太陽暦9月30日「発信放射(球)が外れる」数霊39→12→3「突き抜く(貫く)止まる実体(光)」

旧暦8月14日「離れる核」数霊22→4「外側が陽」

月暦2月12日「振動が止まる」数霊14→5「核は陰」。

 

今日のカタカムナ思念の日読みは、4次元のアニメーションを観てるみたいだ。

 

それとこの言葉が閃く。

「うちはそと ふくはうち」

鬼は外ではなく??カタカムナのことを教えたい気がして、数霊を読み解くと、

 

ウチハソト→135「広がる陰/根源から出る放出する」

フクハウチ→101「統合の芽が出る」

 

トーラスの動きかな。今日の日読みはそんな感じに思えた。

ありがとう。

 

生きてなきゃ。

今日の日読みは、

太陽暦9月29日「発信放射するエネルギー」

数霊38→11→2「届く。引き寄る振動」

 

旧暦8月13日「離れて広がる」

数霊21→3「一方へ進む実体・光」

 

月暦2月11日「振動する引き寄る」

数霊13→4「広がる新しい陽」

 

また最近、次元数が連続数になっていてリズム感がいい。私の世界で感じる事もリズムがあって心地よい状況を過ごしている。何かが大きく変わったわけでもない。ただ、こころがちょっと変化しただけで、世界はこうも変わるのかと感じる体験をしているところ。

 

自分とは何か?を探しているけれど、この人生は探求し続けるものなのかもしれない。探求が終わるその瞬間、私の世界も終わるんだ。

 

そして、ひとりではこの探求はできない事も気づいた。「日月」があるように、私がある、あなたがある。そして、この世はある。

 

カタカムナとは何か?

「カタとカムのナです」と吉野伝道師は言っていた。その言葉が少し理解しつつある気がする。

 

カタがある、カムがある。そして、ナはある。

 

言葉は文字と同じ葉っぱみたいだ。全ては言葉だけではわからない。その葉っぱをヒントに自分自身の木を知る。人生を使い味わい感じるものなんだ。生きてなきゃできないな。

ありがとう。

 

 

体験する新たな仮想空間という世界。

カタカムナ思念で今日の日読み。

旧暦8月10日「離れる(放れる)統合(指向)」数霊18→9「感じる発信放射」

太陽暦9月26日「発信放射が分かれる」数霊35→8「放出する離れる(放れる)」

月暦2月8日「振動する離れる(放れる)」数霊10→1「統合(指向)根源から出る」

というのが今日の日読み。ちょうどオンラインライブ配信で「東京ゲームショウ2020」を開催している。私たち大人は知識や経験を蓄積しているので、経験によるトータル知識を叩き出すには優れているが、「今」を生きている「今」を感じている人間の最新は「子供」なのだ。

 

「子供から学ぶ」というのは、その本質的な意味を言ってる。過去に捉われない人間はいないだろう。何かしら影響を受けてしまう。けれど、「今」を知りたきゃ子供を知るよう努力したら気づきが生まれるのかもしれない。

 

今はゲーム配信が子供達の中で当たり前になってきているようだ。今回初めて東京ゲームショウが全世界にライブ配信され始めた。今日の読み解きとも合うような気がする。

 

ゲーム大国日本。韓国や中国、欧米に先を越されているオンラインゲーム開発。日本のものづくりがこの仮想空間から世界を変えていくのかもしれない。

 

ありがとう。